喪主について|高槻市、島本町での葬儀・家族葬は、無料会員20%割引のアルマセレモニー

高槻市、島本町を中心したご葬儀・家族葬のご依頼・相談・資料請求・会員へのご登録は0120-25-2242

24時間365日受付。いつでもお電話下さい。

HOME > 喪主について

喪主について

悲しい出来事は突然にやってきます。
そんな時、喪主になる事も考えられます。突然、喪主になった場合に慌てないために、心構えをしておきましょう。

喪主の決め方

喪主(もしゅ)とは葬儀の主宰者、葬儀後の故人の供養の主宰者とされる人が務めます。
喪主になる方はほとんどの場合、親族が務めます。その中でも普段生活しているうえで、もっとも身近な人間がなることが多いようです。

夫婦のどちらかが亡くなった場合にはその配偶者が喪主となることが多いようです。
また、喪主となる配偶者が既に亡くなっているか、健康状態が悪い場合や高齢の場合には、子供が務める事もあります。

子供がいない場合には、故人の両親、もしくは兄弟姉妹が喪主を務めます。
未成年者が喪主となる場合には青年親族を後見人とする場合もあります。

日本の葬儀での喪主率は長男が多いようです。
葬儀の喪主を務めた場合、その後の仏事(満中陰・一周忌・三回忌等)を取り仕切る事の義務を負うことが多い事から、喪主を決める時には先々の事を考えて決める必要があるでしょう。

喪主になったら

すでにお医者様より、死期が近い事を伝えられたり、なんとなくご家族様方で感じた場合などには、葬儀社を探しておくとよいでしょう。
特に焦る事はありませんが、先送りにしたり、なんとなく後ろめたい気持ちでいますと、急に喪主になられた方は、その場で決めなければならない事が多数あります。
病院でn亡くなった場合には、故人のお帰り場所(安置場所)や寝台車と葬儀社も決めなければなりません。

病院から紹介していただける事もありますが、最近ではネットにて多数の葬儀社が紹介されていますのでネット検索も一つの方法です。
喪主になりえる可能性がある方なら「先見の明」で準備しておくことも大事です。

葬儀社が決まれば寝台車にて故人様安置場所(自宅もしくは式場)への搬送や、火葬場の手続き、通夜の準備・葬儀告別式・お骨上げまでと、基本的にはすべて葬儀社が行いますのでご安心いただけます。

寺院様等(親戚・親しい方)へ連絡

故人様をご安置した後、お付き合いしているお寺様をお迎えできる準備(枕机や安置処置)ができたらお寺様に訃報を伝えます。また、親族や親しかった方々にも連絡をします。
お通夜の時間、葬儀の日時等が決まれば交流のある知人・友人・同僚等にも訃報を伝えます。

通夜~葬儀が終わるまで

葬儀社と葬儀内容の打ち合わせが終われば、お葬式に関しての流れ等、全体的な事は葬儀社に任せます。
基本的に喪主は弔問客にはできる限りご挨拶をします。
葬儀後、お手伝いをいただいた世話役や町会の方々に挨拶回りをしてお礼を申し上げます。その後も、様々な事後処理等に追われて、文字通り悲しんでいる暇などありません。
ご自宅・寺院・集会所・自冶会館・教会等ご希望の式場にて承ります。
年配者のアドバイスなど頂きながら気持ちを強く持って行う様にしましょう。

葬儀が終わった後も

葬儀が終わった後も仏式では、初七日(最近では葬儀当日、繰り上げでされる方が多い)や四十九日法要(満中陰)、納骨、一周忌と節目の法事ごとは喪主の務めとなります。

葬儀が終わった後も神式の場合、五十日祭(清跋祭)、一年祭と節目がございます。
キリスト教式におきましても、一ヶ月後の記念式(プロテスタント)や、カトリックでは追悼ミサ(ミサ聖悼)等行います。

ご葬儀プランと事例
葬儀式場ご案内
お役立ちコンテンツ
アルマセレモニーについて
当サイトについて

Copyright (C) 2010-2019 aruma-ceremony.com All Rights Reserved.