香典について|高槻市、島本町での葬儀・家族葬は、無料会員20%割引のアルマセレモニー

高槻市、島本町を中心したご葬儀・家族葬のご依頼・相談・資料請求・会員へのご登録は0120-25-2242

24時間365日受付。いつでもお電話下さい。

HOME > 香典について

香典について

香典とは仏式の葬儀で、死者の霊前等に供える金品のことをいいます。
通例、香典は香典袋(不祝儀袋)に入れて葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対してお渡しするものです。
昔は食糧などを香典としてようです。葬式の時に弔問者へのおもてなしが経済的にも辛いという事で、隣近所や弔問者が食料を持ちより、地域で助けるという意味もあった様です。

香典袋の種類

香典袋は、葬儀の宗教や宗旨宗派に合わせて使い分けるようにしましょう。

仏式の場合
白無地に「白黒」あるいは「双銀(銀一色)」の結び切り[水引]があるものを用います。
神式の場合
香を用いないため香典とは呼びませんが、白無地の包みに、「白黒」あるいは「双白(白一色)」の結び切り[水引]や麻緒(あさお)の結び切りを用います。
キリスト教の場合
白無地の封筒か、白百合・十字架が印刷されている市販の封筒を用います。

どの宗教によるものか不明な場合には、白無地の包みに、「御花料」・「御霊前」と表書きし、白黒あるいは「双銀(銀一色)」の結び切りの[水引]を用いるのが無難でしょう。

香典の金額

香典の金額については決められているものではありませんが、故人や遺族との付き合いの深さ、自己の地位・年齢・地域などによって異なります。

ご自身との関係性 金額の目安
上司・同僚 3,000~10,000円
親族・親戚 10,000円~30,000円
兄弟・姉妹 30,000円~50,000円
両親 50,000円~100,000円

香典には、避けた方がよい金額や紙幣があります。

3.4.9のつく金額
3=惨・4=死・9=苦など縁起の悪い事を連想させるため。
新札
あらかじめ用意していたとされるため。

香典袋の書き方

香典袋の表には[御霊前]などの文字の下に自己の姓名を書きます。(薄墨でも濃い墨でもどちらでも良いです)袋の裏には住所・金額を書きます。(中袋がある場合は白紙のままでも良いでしょう)
中袋の場合には、白無地の封筒(中袋)に紙幣を入れます。
表に金額(漢数字)を書き、裏面に住所・氏名を書きます。

葬儀・通夜のお悔やみに訪問する場合

仏式の場合 神式の場合 キリスト教の場合
仏式の場合 神式の場合 キリスト教の場合
黒白の水引(または御香料) 銀の水引(またはお花料・御榊料・御神前) カトリック・プロテスタント

法事に訪問する場合

仏式の場合 神式の場合 キリスト教の場合
仏式の場合 神式の場合 キリスト教の場合
黒白の水引(または御供物料) 黄白の水引(または御供物料) 赤白の水引(または御供物料)

仏事に訪問する場合

仏壇を購入の祝い 仏像入魂の祝い 石塔購入の祝い
仏式の場合 神式の場合 キリスト教の場合
赤白の水(または入佛祝) 赤白の水(または御供物料) 赤白の水

ご寺院様へのお礼

葬儀の場合 法事の場合 仏事に関してお寺様に
お世話になった御礼
葬儀の場合 法事の場合 仏事に関してお寺様にお世話になった御礼
黒白の水引を使用する場合も
あります
  赤白の水引(または御宝前)
仏壇・仏像の入魂御礼 石塔入魂御礼 墓前読経の御礼
仏壇・仏像の入魂御礼 石塔入魂御礼 墓前読経の御礼
赤白の水引 赤白の水引 黄白の水引
仏像の修理のため
一時魂を抜くときの御礼
仏壇の修理・または
場所を移す時の御礼
お寺様の祝事の場合
仏像の修理のため一時魂を抜くときの御礼 仏壇の修理・または場所を移す時の御礼 お寺様の祝事の場合
赤白の水引
(撥遺御礼・還仏御礼)
赤白の水引(おわたまし御礼) 赤白の水引(または御宝前)

裏面の書き方

香典袋の裏書き 中袋の表書き 中袋の裏書き
香典袋の裏書き 中袋の表書き 中袋の裏書き
住所と金額(漢数字) 金額(漢数字) 住所と名前

お客様へのお返しの表書き

忌明けの法事の場合 忌明後の法事の場合 神式
忌明後の法事の場合
忌明けの法事の場合 忌明後の法事の場合 神式忌明後の法事の場合
黄白の水引
(または忌明・志)
黄白の水引 黄白の水引
ご葬儀プランと事例
葬儀式場ご案内
お役立ちコンテンツ
アルマセレモニーについて
当サイトについて

Copyright (C) 2010-2019 aruma-ceremony.com All Rights Reserved.