戒名について|高槻市、島本町での葬儀・家族葬は、無料会員20%割引のアルマセレモニー

高槻市、島本町を中心したご葬儀・家族葬のご依頼・相談・資料請求・会員へのご登録は0120-25-2242

24時間365日受付。いつでもお電話下さい。

HOME > 戒名について

戒名について

戒名とは、仏教において「受戒」した者に与えられる名前です。
仏門に入った証であり、「戒律」を守るしるしとして与えられます。
戒名は本来仏門にはいり、厳しい修行に耐え、戒律を守った証として修行僧に与えられるものですが、死後に浄土で仏となる浄土思想にもとづき、故人に戒名をさずける風習が生まれました。

戒名を用いない宗旨としまして、浄土真宗では「法名」であり、日蓮宗系(日蓮正宗を除く)では、「法号」が正式な名称です。
また、創価学会(友人葬)の場合、俗名を送り名とする事が多いようです。

構成

戒名
基本的には、仏の世界では身分の上下がなく平等である事を意味するために、2文字で表現します。
戒名においては平等でも、送り名には位が存在しています。
例 - 「○○院△△××居士」
(男性)の場合、○○が院号、△△が道号、××が戒名、居士が位号に加わる事で位が変わります。。
院号・院殿号
生前に寺院や宗派に対して多大な貢献した者や、社会的に高い貢献をした者に贈られる号です。
道号
戒名の上に付ける字(あざな)に相当するという説など諸説あります。
中国で生まれ禅僧によって日本に伝わり、戒名の上に付けられるようになったようです。
真言宗・天台宗・浄土宗・臨済州・曹洞宗・日蓮宗などで用いられています。
位号
戒名の下に付けられる「居士」や「大姉」の文字の事で、性別・年齢により異なります。
信士・信女
仏教信者として五戒や十善戒を保つ成人の男女に対して付けられます。
江戸時代は武士以上に対して居士・大姉を付け、庶民に対して信士・信女を付けたと言われていますが俗説でもあるようです。
宗派により、清士・清女・清浄士・清浄女・善士・善女があります。
童子・童女
18歳未満(4、5歳から17歳)で亡くなった剃髪・得度をしていないものに対して付けるのが一般的です。
宗派により、大童士・大童女・清童子・清童女・禅童子・善童女があります。

戒名の意味

院号や道号に付けられる文字で、その人が生前どのような人物であったかが大まかに分かります。死亡してから戒名を付ける場合、遺族に故人が生前どのような人物であったかを聞いたり、生前の名前より1文字ないし2文字をとる事も多いようです。

戒名料について・・・

日本では死後に戒名を付けるのが一般化していますが、戒名料の目安としましてはイオンがイオンカード保有者向けに「お布施の目安」を打ち出した金額が「戒名料の目安」となりつつあるようです。通常の戒名といたしましては、葬儀のお布施に含まれる場合が多いですが、院号・居士の位を付けますと院号料・居士料が別途発生します。

ご葬儀プランと事例
葬儀式場ご案内
お役立ちコンテンツ
アルマセレモニーについて
当サイトについて

Copyright (C) 2010-2019 aruma-ceremony.com All Rights Reserved.